小児歯科

CHILD

当院の小児歯科

当院の小児歯科

当院では予防やブラッシング指導、虫歯の治療だけでなく、健やかな成長に大きく関わってくる「生活習慣・姿勢・食生活などの指導」を
行うことで、トータルなヘルスケアを行っています。

成長期にちょっとしたことに気を付けることで、永久歯がきれいな歯並びで生えてきます。また、定期的に予防を行い、正しいブラッシングを
身につけることで、将来もトラブルのない健康な歯と歯ぐきを保つことができます。

また、マタニティの時期にもお腹にいる赤ちゃんは乳歯を生やす準備をはじめ、永久歯の歯胚も作りはじめています。
当院では、マタニティ・ママへの口腔ケアやアドバイスも行っています。

  • 0~1歳

    7~8ヶ月頃、生え始めます。

    口腔ケア

    • 上顎の前歯が生えてきたら、離乳食を与えた後に綿棒やガーゼで
      歯の清掃を行いましょう。
    • 歯ブラシを持たせることによって、慣れさせるようにしましょう。
    • 小さめの歯ブラシを使いましょう。
  • ~2歳

    乳歯の奥歯が生えてきます。

    口腔ケア

    • 奥歯(第一臼歯)が生えたら、今まで以上に丁寧に
      磨くようにしましょう。
    • 人の真似をしたがる時期なので、歯みがきの真似をさせて
      習慣付けさせましょう。
  • 3歳

    奥歯の20本が全部生え揃うので、噛む力が一段と増します。

    口腔ケア

    • 仕上げの磨きをするようにしましょう。
    • お水で口をゆすぐうがいの練習をしましょう。
  • 4~5歳

    顎が成長し、歯の間の隙間が目立ち始めます。

    口腔ケア

    • お子様ご自身で磨く練習をさせましょう。
    • 奥歯の歯と歯の間は歯ブラシでは磨きにくいので、
      糸ようじ(デンタルフロス)を使用しましょう。
  • 6歳

    成人の歯は、下の歯と奥歯から生えてきます。

    口腔ケア

    • 6歳臼歯は歯ブラシで磨きにくいので、奥まで磨く練習をさせましょう。
    • 食事の後に歯みがきをする習慣をつけるようにしましょう。
    • お母さんによる仕上げ磨きをしてあげましょう。

子ども用デンタルグッズ

子ども用デンタルグッズ
お子様に合ったデンタルグッズを使うことで、予防効果が高まります。
  • 100%キシリトールのタブレット
  • 歯みがき用のペースト HOME GEL
    (オレンジテイスト・ストロベリーテイスト)
  • タフト20の歯ブラシ PSプレミアムソフト

それぞれのお子様のお口に合った歯ブラシをお使いいただくことが、ご自宅でのケアではとても重要です。
ブラシ部分の大きさや形状、やわらかさなど、お子様のお口に本当に合ったみがきやすい歯ブラシをご紹介します。