その他の治療

OTHERS

無痛治療

当院では、最新技術を取り入れた麻酔で痛みのない治療をしています。
歯の治療は、痛くて嫌だという患者様の声に応え「痛みのない治療」のために最新機器を導入しています。

電動麻酔

麻酔時に出る痛みは、針を刺した際、麻酔液を注入する際に伴う痛みです。
この麻酔器は、世界初、世界最小・最軽量のコンピューター制御により注入スピードを自動的にコントロールし、注入時の痛みを和らげます。
また、注射中のメロディーが患者さんを恐怖・ストレスから解放します。

義歯治療(入れ歯)

フレキシブルデンチャー
(ノンクラスプシリコンデンチャー)

「入れ歯に金属のバネがなくなりました」
従来の部分入れ歯には、装着時に金属のバネが見えたりして見た目がよくありませんでした。バルプラストの場合、スーパーポリアミドナイロンで
できた樹脂がバネの役割を果たすため、従来の入れ歯のような金属のバネがなく、美しい見た目で自然感があり、人に気づかれにくい入れ歯です。
フレキシブルデンチャー(ノンクラスプシリコンデンチャー)

金属床義歯(入れ歯)

金属床義歯(入れ歯) 金属床義歯(入れ歯) 金属床義歯(入れ歯)

特徴

  • 薄く快適:装着している違和感があまりなく、お口の中が広く感じます。
  • 温度が伝わる:温度を感じ取ることも味わいの一つです。金属床は温度を伝えやすい特徴があるため、食事への満足度は向上するでしょう。
  • 丈夫で残った歯にも優しい:バネを使用する入れ歯の場合は、残存している歯にバネを引っ掛けるので負担がかかりますが、金属床の
    入れ歯では、残存している歯に大きな負担がかかることはありません。
  • 見た目に目立たない工夫もできます:バネを使用した入れ歯のバネを、目立たせずに仕上げることができます。前歯に装着している入れ歯から
    バネが見えることが気になっている方などにおすすめです。
  • 修理、リフォームも可能です:入れ歯が破損してしまった場合でも、金属床であれば溶接等で修理することができるので、長期間
    ご使用いただけます。

それぞれの金属の特長を活かした金属床

ゴールド床

GOLD / PLATE

ゴールドは腐食による変色が起こらず、精密な加工を行いやすい金属です。
お口の中で明るく美しいだけでなく、
身体の優しい素材です。

チタン床

TITAN / PLATE

近年話題の最先端金属です。
腐食せず、軽く、荒れるキー反応を起こしにくい、身体に優しいチタンを使用します。イオンプレート仕上げで金色に加工清潔で美しい状態を永く保つこともできます。

コバルト床

COBALT / CHROM / PLATE

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。
熱伝導も良く清潔で美しい状態で、
永く快適にご使用いただけます。

ミリングデンチャー(バネのいらない義歯(入れ歯))

特徴


  • バネがないので見た目がきれい(審美的)
  • 義歯(入れ歯)が安定し良く噛める
  • 残された歯を長期にわたり保つことができる
  • 装着感が良く、異物感がない

顎関節症

顎関節症とは?

近年急増しているといわれている顎関節症は、顎の関節とその周辺に発生する障害の総称をいいます。

最も特徴的な症状は次の通りです

  • 顎関節部の耳の当りの痛み
  • 顔面の筋肉の痛み
  • 片側、又は両側の不快感
  • 耳痛
  • 頭痛
  • 顔の痛み

原因

  • 顎の関節は、下顎の骨と頭蓋骨の間に関節円板と呼ばれる弾力性のクッションが存在します。この部位がなんらかの原因によって
    ずれてしまったり引っかかってしまうことで、炎症が発生してしまったり、その周囲の筋肉に痛みとなって障害が発生してしまいます。
  • 噛み合わせに異常があり、無理して生活を送っていたが、限界を超えてしまった場合。
  • 睡眠時に歯ぎしりや、食いしばりの癖を持っている場合。
  • 頬杖など、顎に負荷がかかるような癖を持っている場合。
  • 唯一直接原因がないもので、精神的な悩みや心配事、不安等によってストレスを抱えている場合、ストレスによって顎関節症の発病や
    進行の促進となってしまう場合があります。